様々な活用シーン

防災行政無線

活用シーン
自治体・公共機関用の移動系・同報系防災無線
機種
半固定型 事務所
scene_gyosei

緊急・災害時における対策方法は決まっていますか

全国で地震や天候による災害が発生している中、自治体における優れた防災行政無線の導入が進んでいます。
MCA無線は、固定電話や携帯電話とは違い、緊急・災害時にも通信を確保できることが可能です。また、各部局間をグループ化したネットワークを構築することで、全ての部局にて情報を共有することができ緊急時に迅速な情報の共有化を図ることが可能です。

MCA無線なら低コストで防災行政無線が構築可能

災害時の通信手段は必要不可欠です。
高信頼のMCA無線は、財政難に悩む多くの自治体で防災行政無線の代替や補完に活用されています。
防災行政無線のデジタル化期限に伴い「移動系」「同報系」どちらも低コストで整備ができるデジタルMCA無線は、全国各地から注目され期待が高まっています。
避難所や消防・医療機関、ライフライン等の防災関係期間との連絡網の構築、そして安心・安全なまちづくりを実現、もちろんJ-ALERTにも対応しています。
また、平成19年7月、消防庁からMCA無線などを活用して同報系無線を整備するよう通達がされています。

田中電気サジェスチョン
田中電気が考えるこのシーンでの魅力
これまで行政で取り扱う防災無線(同報系防災行政無線)は自治体ごとに基地局を設置するために数千万の費用が必要とされてきました。

これまで津波や水害、地震といった被災をうけた行政地域での防災無線の整備は進められているものの、まだ災害が少なかった地域ではMCA無線を導入した防災無線の整備は遅れ気味のようです。

MCA無線は通信距離を広域エリア仕様とした既存の業務用無線のひとつですが、業務用として「確実な通信」を前提とした機能から、防災無線としての役割を充分に果す事ができます。
このシーンで活用するメリット
MCA無線は基地局を行政が建設する必要はありません。「管理移動局」と呼ばれる装置を設置してMCAの中継局を利用する事により予算は数百万円に抑えられます。

そのため低コストの予算に合わせた防災無線の整備も段階的に行うことが可能です。
このシーンで活躍するメリット
担当者からのメッセージ
防災行政無線
MCA無線の通信を支えるのが全国に設置された「中継所」による通信エリアのネットワークです。移動無線センターにより24時間体制で監視と設備の定期点検が確実に行われています。
また、停電対策として非常用発電装置を設置しています。

MCA無線は業務用のため加入者は限られています。固定電話や携帯電話のように通信が集中して輻湊する可能性は非常に低いものです。
mcaに関するお問い合わせ
会社概要
様々な活用シーン
  • MCA無線のエリア&プラン
  • MCA無線の料金
  • MCA無線の導入までの流れ
  • MCA無線の導入事例
  • 会社概要
フッタータウン