様々な活用シーン

緊急時の無線通信

活用シーン
自治体・公共機関による
機種
半固定 車両設置型 携帯型
kinkyu_image
田中電気サジェスチョン
田中電気が考えるこのシーンでの魅力
MCA無線機は災害など緊急時における自治体ネットワークの確立に最適な無線通信手段です。固定電話や携帯電話と違い、緊急・災害時にも、通話規制、混信・輻湊(電波が繋がりづらい)、電話線の切断などの不安が軽減されます。
低コストで移動系や同報系の防災無線の機能を実現できるだけでなく、避難場所や消防/医療機関、ライフラインなど、防災に関係のある機関に自由につなぐことができます。
このシーンで活用するメリット
MCA無線機は統制局が簡単に持ち運び出来るので、場所を選ばすに臨時の統制局として運用を継続することが出来ます。端末を統制局代わりに使うことができるので夜間・休日の災害も責任者の自宅で在宅対応することができます。
また国、自治体の防災部門の通信は災害時優先接続サービスで、非常時も安心して通信ができます。
このシーンで活躍するメリット
担当者からのメッセージ
緊急時の無線通信
MCA無線機を活用すれば緊急・災害時には各部局の情報を一元管理することができ、情報の共有や緊急連絡の指揮にも活用できます。
自治体であれば屋外スピーカーを使用して、地域住民への避難連絡を行うことが可能です。また統制局から一斉に特定地域の端末局で電子音源ファイル(MP3)の再生が可能ですので、全国瞬時警報システム「J-ALERT」にも対応できます。
mcaに関するお問い合わせ
会社概要
様々な活用シーン
  • MCA無線のエリア&プラン
  • MCA無線の料金
  • MCA無線の導入までの流れ
  • MCA無線の導入事例
  • 会社概要
フッタータウン