様々な活用シーン

BCP対策

活用シーン
災害時の事業継続のための情報収集
機種
半固定 車両設置型 携帯型
BCP(事業継続計画)
田中電気サジェスチョン
田中電気が考えるこのシーンでの魅力
BCP(事業継続計画)は災害が起きたときのリスクを最小限にし、迅速に復旧するための事前準備です。そのためには優先業務を継続し、通常業務・サービス復旧までの時間を短縮する事が最重要課題となります。
優先復旧の重要業務を特定し、目標とする復旧所要時間・復旧レベルを設定して復旧計画を策定するためにはMCA無線機による通信システムは有効です。
このシーンで活用するメリット
MCA無線機の中継局による全国規模の通信ネットワークと、災害時でも通信を維持するための万全の継続体制が整っている事が最大のメリットです。MCA無線機の中継局は常時から設備の定期点検を実施され、24時間体制で中継局の運営を監視しております。
また非常用発電装置を設置し災害時などの停電にも備えております。
このシーンで活躍するメリット
担当者からのメッセージ
BCP対策
大規模な災害が起きたとき、建物の倒壊や移動経路の寸断、ライフラインの維持や火災発生など様々な対応が求められます。企業もまた、社員の安全確保と速やかな事業の再開を図らなければなりません。そのためには災害に強い通信システムの構築がBCPの必須条件になります。
mcaに関するお問い合わせ
会社概要
様々な活用シーン
  • MCA無線のエリア&プラン
  • MCA無線の料金
  • MCA無線の導入までの流れ
  • MCA無線の導入事例
  • 会社概要
フッタータウン